2010年 06月 16日

ジャパンシリーズ第2戦

レースおつかれさまでした。

備考
天候は雨。風はゲートに対して向かい風。コースの土はしまっており、所々に深い轍や水たまりがあるがオン用のタイヤ(F:power block1.60、4気圧。R:power block1.60、4気圧)を使用した。予選1人落ち。
ギヤ比は38×14。
予選1
ゲートは3番。スタートでスリップした。5位で第1バームを回った際にインアウトで膨らんできた選手を
よける為にインに切り込んだところ、そのままイン側のタイヤに引っかかってしまい、コースアウト
してしまった。6位。
予選2
ゲートは6番。スタート後のシングルにフロントをひっかけ、4位まで順位を落とす。その後
リズムセクションで前のライダーが転倒し、よけたが後方のライダーが巻き込まれ、後ろから追い上げて
くるライダーはいなかった。3位でゴール。
予選3
ゲートは7番。現在のポイントは9ポイントで、同ポイントの選手が1名、10ポイントの選手が1名おり、
この2名の選手を抑えて走るよう意識した。スタートで2名の選手の前に出て、後ろに意識を集中させ、
前に出さないように走行した。4位でゴール。
決勝
ゲートは8番。スタート後コースがなく7番の後ろにつき、3番でスタートを切ったが、第1ストレートで
4位の選手に抜かれ、4位に後退。その後前の選手に追いつくことができず、4位で終了した。

反省
スタートが遅い。スタートテクニックやギヤ比云々の話ではなく、単純にパワーで負けてるような感覚。
ジャンプが下手。低く飛べていない。ごまかしのジャンプではダメだ。

課題
下肢と体幹の筋力(最大パワー)の強化
レースジャンプの研究
[PR]

by cbrt | 2010-06-16 00:06 | YAMADA


<< JOSF6月緑山定期戦 byヤ...      UCI JAPAN ROUND #1 >>