「ほっ」と。キャンペーン
2010年 10月 02日

ジャパンシリーズ第4戦 by山田敏郎

ケガの具合は好調です。
ご心配おかけしました。





備考前日のナイトレース中に転倒、左の踵を負傷した。骨に異常はなかった。当日の天気は晴れ。風はゲートに対して追い風。ギア比は38×14。タイヤはF:power block1.60 4気圧、R:power block1.60 4気圧。予選1人落ち。

予選1
ゲートは2番。足の痛みがあるためにジャンプを飛ばないようにこなしていった。第1バームで2位になり、そのまま2位をキープするように走った。2位でゴール。

予選2
ゲートは5番。スタートで2番手につき、リズムセクションまで2位をつけていた。その後リズムセクションでバランスを崩した際に左足をついてしまった。3位でゴールしたが、踵の腫れはひどくなった。

予選3
ゲートは8番。スタートから第1ストレートまでがんばり、その後は後ろに抜かれないように走った。2位でゴール。決勝進出。

決勝
ゲートは2番。スタートで踏み抜けずに1位の選手に先行された。第3ストレートでつめてリズムから最終バームで抜くためにミドルの相手の内側にいたところ、前の選手がバランスを崩してレーンチェンジをしてきた。そこにフロントタイヤが当たり、転倒してしまった。8位でゴール。

感想
前日のレースを練習とするのなら、もっとしっかりと組み立てて走るべきだった。中途半端な気持ちで走ってたからこそ転倒したし、怪我もした。結果として1番大切なレースに響かせてしまった。さらに、「このヒートは流す」走り方も応援してくれている観客の人たちに失礼だと反省した。

レースも、ケガのせいにしてジャンプを飛んでいかなかったのも悪かったと思う。
痛かろうが無理しようが自分のベストな走り方をきちんとこなすべきだった。
さらにケガから「体が固まってる」とコメントをもらってしまった。もっと吹っ切らないといけない。






最終戦は10月中旬、がんばります。
[PR]

by cbrt | 2010-10-02 00:52 | YAMADA


<< ジャパンシリーズ最終戦 byヤ...      JBMXFジャパンシリーズ第3戦 >>