「ほっ」と。キャンペーン
2010年 10月 14日

ジャパンシリーズ最終戦 byヤマダトシロウ

レース参加者のみなさんお疲れ様でした。
東名が集中工事&土曜日が雨天で練習が中止になったりと、いろいろあったレースでしたね。

では、レース内容です。




備考
前日の練習は雨により中止。コースは当日の1時間弱のみの練習となった。だが、コース自体は雨の
影響も少なく、ドライ用のタイヤでも問題なかった。だが、バーム入り口のイン側はほぼ柔らかく、
進入の仕方を考えなければならない。このコースは90度バームが多く、ライン取りが難しい。
アスファルトバームなので攻めながら走るべきだろうと考えた。


予選1
ゲートは7番。このときはゲートに対して右からの風が吹いていた。スタート後にアウトから被せられて、
テーブルトップでペダルできなかった。4位でスタートし、第1バームに進入。インから当てていこうと
思っていたが、前のライダーのリアがスリップし、内側に入ったときに失速、次のビックダブルが飛べず、
そのまま4位でゴールした。

予選2
ゲートは6番。風向きが変わり、ゲートに対して左からの風が吹き始めた。スタート後ミドルの位置を
キープしたまま第1バームでアウトインに切り込み、ビックダブルをインに向かって飛んで第2バームで
2位の選手まで差しにいったが、第3バームで逆に当て返されてしまった。3位でゴール。

予選3
ゲートは1番。スタート後3ゲートあたりまで寄せていき、第1バームをインからミドルへ差していった。
第2バームで同ポイントのライダーを押さえ、さらに2位の選手の動きを読み、後ろから抜きにくく
なるようなライン取りとった。最終バームで2位のライダーに対してラインチェンジをしてゴールで
抜きにいったが、差しきれなかった。3位。

決勝
ゲートは5番。ほか2名のライダーがインによっていたのでミドルを走りながら第1バームでアウトーインの
レーンチェンジをして第2バームにそなえた。第2バームでインーアウトを使って2位に浮上した。
だが、前との距離が開きすぎてゴールまでに追いつくことができなかった。2位。

感想
決勝ではスタートが出れたが、テーブルトップの漕ぎが甘く、先行を許してしまった。
バックサイドまでしっかりと漕ぎぬける技術を身につけたい。
[PR]

by cbrt | 2010-10-14 20:54 | YAMADA


<< 4クロスチャレンジ 富士見パノラマ      ジャパンシリーズ第4戦 by山田敏郎 >>