「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Race Report YAMADA( 8 )


2007年 07月 27日

世界選手権inカナダ レポート by山田敏郎

大変お待たせしました。



備考
朝の練習で左膝を打撲。腫れと痛みがある。ペダリングすると強く痛む。


BMX
第1ヒートは7名のうち一人がDNSしており、6名でスタートした。
スタートゲート方式はNBL方式だった。これは海浜公園と同じスタイルなので、合わせやすかった。
3位でスタート。最終ストレートでロールがはねてしまい、失速。4~5位に追いつかれてしまった。
ゴールライン上でバイクを投げ、4位でフィニッシュした。
第2ヒートはさらに一人がDNSしたため、5名でスタートした。
3位でスタート。第2ストレートで前方の選手のインを取ろうと思い、ジャンプしながらインサイドへ
飛び出したが、飛びすぎてしまい、クラッシュ。すばやく起き上がろうとしたが、側頭部を打っていて
すぐに立つことが出来なかった。その後すぐに肩の鋭い痛みに気づき、近くのメディカルに見せた。
マーシャルは担架を呼ぼうとしていたが、断った。そしてゴールラインをくぐったが、
ドクターの判断で病院に救急搬送された。

感想
世界選手権といえども、やはり一つのレースで、特に他のレースよりも緊張するということはなかった。朝の練習で転倒していたので、どこか吹っ切れたのかもしれない。
世界選手権用のコースは非常にテクニカルで、かつスピードの乗せ具合で全く違う一面を持つ
とても面白いものだった。
今回は予選突破出来そうだったのもあり、とても悔やまれるレースでもあった。
バームでは、無理にインサイドを走るよりも、ミドルレンジでペダリングしたほうが確実に早い。

課題
低く、精度の高いジャンプが必要である。
周囲の選手のレベルを冷静に分析し、自分がどの選手をマークすればよいかあらかじめ決めておく。
[PR]

by cbrt | 2007-07-27 19:47 | Race Report YAMADA
2007年 07月 25日

世界選手権inカナダ4日目 by山田敏郎

今日は朝5時前に火災報知機がなった。消防車がきて、いろいろチェックして帰っていった。いたずらだったらしい。つか迷惑極まりないよまったく・・・。 こちとら眠いのに・・・。
c0110181_1423259.jpg


45分ぐらいたって、報知器がとまってからホテルで朝食。
スモークサーモン旨し。
c0110181_145453.jpg



その後は湾内を散策しながら、昼食の場所をさがした。
c0110181_1464040.jpg

そしたら、fisherman's wharfってとこにたどり着いた。
なんでも、ここのfish&tipsが有名らしい。
c0110181_1416141.jpg



その後はコースに移動して、練習時間となった。
c0110181_14122350.jpg

時間は1.5時間だけ。5カ国くらい一度にやるから気が抜けなかったりする。
c0110181_141245100.jpg




終わった後は、ホテルに戻って洗濯。疲れた・・・。

明日も練習走行がある。疲れた・・・。
[PR]

by cbrt | 2007-07-25 14:17 | Race Report YAMADA
2007年 07月 02日

JBMXF第二戦①レポート by 山田敏郎

課題
今回のコースはスタートの動きがとても遅い。しかもシグナルは見づらく、いつものスタートでは
ゲートにあたってしまうため、いつもよりワンテンポ遅れてスタートすることにする。

備考
17~24歳クラス出場
参加人数6名
朝の段階で1名DNS
3モト合計である。


BMX
第一ヒート:スタートで高山選手がインを締めた。それに巻き込まれて4位まで落ちてしまった。
三人を追う形でのレースとなった。第三ストレートのビッグダブルで2位の選手が転倒。
3位の選手がそれに合わせてスピードダウンした隙をつき、2位まで浮上することができた。
そしてそのままゴールとなった。
第二ヒート:スタートでゲートにヒットしてしまった。3位でスタート。第一バームでインを攻め、
1~2位にアタックをかけた。1位は逃してしまったが、2位は抑えることができ、2位に浮上した。
その後も1位に追いつくことなく2位でゴールした。
第三ヒート:スタートは2位。1位を狙いつつ、後続の動きを抑えるようなラインを走った。
第一バームで羽尾選手が強引にインから攻めてきたが、バーム外ぎりぎりを鬼漕ぎして逃げた。
その後は追いつかれることなく、2位のままゴールした。

感想
やはりゲートに課題が残る。スタートは10漕ぎまでをいかに早く漕ぐかだが、腰を大きく下げるスタイルは、体が緊張してしまい、疲労しやすい点を指摘された。そこで次回は「振り子式」のスタート試そうと思う。

レース中はいかに体を緊張させないでおくか、これはパフォーマンスに大きく影響する。今回は前日のライディングでどのように走るかイメージしていたので、自由に走れたのだと思う。
[PR]

by cbrt | 2007-07-02 21:37 | Race Report YAMADA
2007年 06月 30日

岡山県笠岡市長杯①レポート by 山田敏郎

BMX
今回のレースは明日のレースのための練習と考えて行う。
スタートゲートのランプシステムが故障していたのか、ずっと1つ目のランプが点灯していた。
しかたなく音声のスタート方式をとった。
備考
17~24歳クラス出場
エントリー数5名
3ヒート合計である。
朝の段階で1名DNS。

第一ヒート:スタートは二位だった。高山選手を意識しながら走る。最終ストレートで羽尾選手にパスされた。3位でゴール
第二ヒート:スタートのタイミングがつかめない。3位スタート。ジャンプ中に風にあおられ、
コースアウト寸前になった。後続はクラッシュしていたので、抜かされることなく、3位のままゴールした。
第三ヒート:さらに1名がDNS。スタートのタイミングが合わず、3位でスタート。第三ストレートの
ビッグダブルでバランスを崩し、コースアウトしてしまった。すぐにコースアウトした地点に戻り、
二人を追ったが、やはり届かず、3位でゴールとなった。


感想
スタートゲートのタイミングは1通りだけではダメなのだと知った。
様々なスタート方式に対応できるようにしなければならない。
[PR]

by cbrt | 2007-06-30 22:58 | Race Report YAMADA
2007年 06月 24日

Seaside Cup6月24日① レポート by山田敏郎

課題
 スタート時の重心の位置を極端に後ろに下げ、上半身全体の筋肉を収縮させるような形でスタートする。シグナルは以前よりワンテンポ速く。意識はパワースナップと同じ。ゲートに触るように。(以下課題スタート)

MTB
予選第1ヒート:観客に魅せる走り方をしてみた。意識はジャンプ。いつもより高さを出してみた。スタート1位、第3バームで差されて2位となった。
予選第2ヒート:スタートに集中した。ホールショットを獲り、そのまま逃げ切る。
予選第3ヒート:スタートを課題スタートに変更。するとタッチザゲートの最速コース。ホールショットを獲り、そのままゴール。
決勝:雨が降り出した。ゲートは2番。課題スタートにさらにペダルへの意識を付け加える。スタートでよろけたが新型スタートのおかげか、そんなことは関係なく1位でホールショットを獲ることができた。そしてそのまま優勝となった。

BMX
予選第1ヒート:課題スタートを使用した。ホールショットを獲ったが、第2ストレートで高山選手に差された。2位でゴール。
予選第2ヒート:第1ヒートとまったく同じ状況で、2位となった。
予選第3ヒート:課題スタートを使用した。走りながら第2ストレートで抜かされる理由をさがした。その結果、ジャンプ後のプッシュに決定的な差を感じた。やはり抜かされてしまい、2位で予選を終える。
決勝:雨が降り出した。ゲートは7番。課題スタートで良いスタートが出来たが、菊池選手が1コース、高山選手が5コースにいたのでホールショットとはいかなかった。やはり自分は第2ストレートが甘いらしい。二人との距離が3車身ほどに離れてしまった。追いつくことが出来ず、3位でゴールとなった。

感想 
課題スタートは以前使用していたスタイルとは筋肉の使い方が違うのを感じた。それに対応するために、もっとフィジカルトレーニングを徹底するべきだ。
そしてエリートクラスのライダーはジャンプ1つ1つをしっかりと加速するために使っているのだと再確認した。
[PR]

by cbrt | 2007-06-24 21:09 | Race Report YAMADA
2007年 06月 17日

JOSF 緑山6月17日①レポート  by山田敏郎

BMX
第一ヒートはスタートのタイミングを計りながらのスタート。3位で出る。前を走る選手とぶつからない様に走った。3位でゴール。
第二ヒートは大外からのスタートとなった。第一バームを4位で抜け、ステップアップのジャンプ中に前の選手にフロントがぶつかってしまい、転倒。すばやく起き上がるが、リアホイールのリムが湾曲してしまっていて、走行不可能。歩いてゴール。第三ヒート以降のレースは棄権した。

MTB
第一ヒートはスタートを意識した。無難に走り、1位でゴール。
第二ヒートはBMXでの転倒の痛みがあったので、スタートからボロボロだった。1位スタート、2位ゴール。
第三ヒートも第一ヒートと同じように走ろうと思い、組み立てた。1位スタート、1位ゴール。
決勝は2コースを選択。スタートでゲートにヒットしてバランスを崩し、8位スタートとなる。インサイドラインを走り、第一バームで集団を押さえ、2位まで浮上する。
第二ストレートで1位の選手が自分にプッシュしてきた。第二バーム手前だったため、アウトに逃げてアウトインで抜かそうと考えた。第二バームで1位の選手が追い上げてきた3位の選手にプッシュされた。その隙を突き、1位に浮上。そのまま逃げ切り、優勝となった。

課題
第二ストレ-トでジャンプとジャンプの間をしっかり漕ぐこと。
ライン取りの復習をすること。
スタートの正確性を高めること。
ホイールなどの予備パーツを持ってくること。
[PR]

by cbrt | 2007-06-17 22:05 | Race Report YAMADA
2007年 06月 10日

SMX宇都宮二日目 by山田敏郎

c0110181_21253238.jpg
今回のレースはタイヤの選択が非常に重要な試合となった。
当日には泥除けとティアオフのゴーグルを準備した。タイヤはバンピーパスに用意してもらったセットと、
自分で用意したマッド用セットの二つを用意した。
試走ではバンピーパス支給のタイヤを使った。コースは予想以上に滑ったので、ラインを意識して走った。


TTは転ばないように走った。26秒後半でゴール。ここでタイヤをマッドタイヤに変更した。
一次予選は第一コーナーで足をついた隙に吉川選手に抜かれて、2人を追うレースになった。
馬の背を超えたあたりでの右のコーナーで、インを突き2位に浮上する。そのままゴール。
二次予選は大外からのスタートになった。いつもよりスタートを意識し、ラインを詰める。インの選手を
すべて抑える理想的な動きが出来た。1位でゴール。
準決勝は大内からのスタート。スタートで2位についたが、3位のライダーと接触してしまい、転倒。
だが、片手のグリップを握り続けていたので、一番に立ち上がることができ、2位でゴールした。
決勝は大内を選択。ほぼ横一列でのスタート。第一コーナーでほかのライダーがアウトを選択したので、
インを走ろうと思い、バイクを振った時に左のペダルから足が外れてしまった。スピードが落ちた所を
4位で走っていた福富選手にラインを潰され、完全にスピードを失ってしまった。追いつけずに4位でゴール


c0110181_2302622.jpg
今回のレースでは機材の重要性を学んだ。チームである、ということの意味を知った。
コースが快晴ではどちらも気がつくことが出来なかっただろう。
クロスカントリーなどの自身のバックグラウンドの広さが今回の成績に繋がったのではと思う。
他種目にも積極的に活動するのも良いのかもしれない。そう思った。

とにかく、今回のレースが今後の自信になるだろうことは間違いなさそうだ。


P.S 初めてレースで賞金を頂きました。ご支援いただいた皆様、ありがとうございました。
これからもがんばります。
[PR]

by cbrt | 2007-06-10 21:27 | Race Report YAMADA
2007年 05月 22日

Spring National 緑山 by山田敏郎

5月20日
天候:晴れ
出場クラス:MTB Expert & BMX Expert



今回は手首を捻挫しているので①無理をしないレースをする。②転倒しない。ことを課題にした。

MTB編

予選
・第1ヒートは、手首の捻挫もあったので、体をラクにして臨んだ。スタートで1位になり、そのままゴール。
・第2ヒートも1位でスタート。後ろとの差を感じたので、楽に走った。1位でゴール。
・第3ヒートも1位でスタート。そのまま1位でゴール。
準決勝
・準決勝は3コースを選択。BMXでの転倒のダメージがあったので、ロール、プッシュが入らない。第2ストレートのトリプルをなし崩し的に飛んだが、ゲシってしまい、九島勇気選手に抜かれそうになる。バームを利用し、抜きかえして1位でゴール。
決勝
・決勝も3コースを選択。スタートは1位だったが、第一バームで九島賛太選手にラインを封じられてしまった。そのまま抜き返すことができず、2位でゴールとなった。

BMX編

予選
・第一ヒートはゲートの感覚に集中した。スタートは4位。現状維持に努めた。4位でゴール。
・第2ヒートはスタートのタイミングが合った。スタート2位。第一バームで草間選手に寄せられるが、コギで逃げる。2位でゴール。
・第3ヒートはスタートで体がよれた。4位でスタート。後ろを意識しながら走って、そのまま4位でゴール。
準決勝
・準決勝は5コースを選択。スタートでフロントが上がりすぎてしまった。なんとか4位でスタート。第二バームで市山選手に対して松下選手がインを攻めた。アウトインで二人を抜こうとしたが、宮崎選手に詰められ、ラインがなくなった。最終バーでインを取ろうと思い、ラインを変えたが、最終バームで松下選手とクロスし、足を着いた。前に追いつこうと気持ちがはやり、ダブルジャンプでロールが抜けてしまい、転倒。腰を強打する。8位でゴール。準決勝敗退。


感想
今回は②の課題がこなせなかった。体が硬かったのかもしれない。さらに、レースでは安定したジャンプやロールが出来ていなかった。体のダメージを考えると、もっと落ち着いて走れたのではと思う。スタートでフロントが上がりすぎないように改良したのは正解だった。背中を張るとさらに良いらしい。次回までに練習しておこう。
[PR]

by cbrt | 2007-05-22 18:04 | Race Report YAMADA