Charge Bikes Racing Team NEWS

cbrt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:YAMADA( 90 )


2011年 04月 20日

今年のレースレポートは

選手個人のブログにUPしますので、そちらを是非ご覧ください。
山田敏郎:としろーの自転車な日々
[PR]

by cbrt | 2011-04-20 11:34 | YAMADA
2010年 12月 22日

JOSFファイナルレース byヤマダトシロウ

今年最後のレースとなりました。
みなさまよいお年を。




では2010最後のレースですよ。


備考
気温が低く、アップの時間を多くとることにした。ゲートのスタイルを大きく変更したため、2歩目の意識を
強くとってフォローするようにした。バーム、特に第2バームが非常に滑るので注意した。

予選1ヒート
ゲートは3番。スタートがうまく合い、2番手で第1バームをクリアした。そのまま安全にゴール。

予選2ヒート
ゲートは1番。全員がアウトから来るので、ミドル付近まで寄って自分のラインをキープするようにした。
第1バームで3位につけ、そのままゴールした。

予選3ヒート
ゲートは7番。スタートでリアタイヤが空転し、スタートを出遅れた。第1バームでアウトから差しにいったが
差しきれず、最終バームに照準を合わせて距離をつめた。最終バーム上で差しきり、4位となった。

決勝
ゲートは5番。スタートで3位。第1バームでインにいた選手にアウトに寄せられ、チャレンジセクションの
外側ぎりぎりを走った。最終バームで差しにいこうと思ったが、前の選手がミドルインにラインを変えたので
うまく加速できず前に出れなかった。4位でゴール。

反省
スタートの完成度が低かった。2歩目の意識はよかったが3~5歩の力がうまく伝わっていないような
感覚がある。背中が曲がるような感覚。1~2歩目のラグがなくなったのはよかった。


課題
オフシーズンらしいしっかりとしたトレーニングを行うこと。
もう1度はじめから見直してくみ上げる。
[PR]

by cbrt | 2010-12-22 23:48 | YAMADA
2010年 12月 22日

JOSFファイナルレース byヤマダトシロウ

今年最後のレースとなりました。
みなさまよいお年を。




では2010最後のレースですよ。


備考
気温が低く、アップの時間を多くとることにした。ゲートのスタイルを大きく変更したため、2歩目の意識を
強くとってフォローするようにした。バーム、特に第2バームが非常に滑るので注意した。

予選1ヒート
ゲートは3番。スタートがうまく合い、2番手で第1バームをクリアした。そのまま安全にゴール。

予選2ヒート
ゲートは1番。全員がアウトから来るので、ミドル付近まで寄って自分のラインをキープするようにした。
第1バームで3位につけ、そのままゴールした。

予選3ヒート
ゲートは7番。スタートでリアタイヤが空転し、スタートを出遅れた。第1バームでアウトから差しにいったが
差しきれず、最終バームに照準を合わせて距離をつめた。最終バーム上で差しきり、4位となった。

決勝
ゲートは5番。スタートで3位。第1バームでインにいた選手にアウトに寄せられ、チャレンジセクションの
外側ぎりぎりを走った。最終バームで差しにいこうと思ったが、前の選手がミドルインにラインを変えたので
うまく加速できず前に出れなかった。4位でゴール。

反省
スタートの完成度が低かった。2歩目の意識はよかったが3~5歩の力がうまく伝わっていないような
感覚がある。背中が曲がるような感覚。1~2歩目のラグがなくなったのはよかった。


課題
オフシーズンらしいしっかりとしたトレーニングを行うこと。
もう1度はじめから見直してくみ上げる。
[PR]

by cbrt | 2010-12-22 23:48 | YAMADA
2010年 11月 05日

27回BMX全日本選手権 byヤマダトシロウ

レースお疲れ様でした。
台風の中での開催でしたが、関西のみなさまおつかれさまでした。



では、レースだよ。

備考
前日は台風の影響で走行不可。当日もフリー走行は中止。公式練習15分のみとなった。今回のコースは
マッドレースでの経験が少なく、セッティングの回答を持っていなかったため、予選、練習を使って最速の
セッティングにしようと決めた。予選は1人落ちの上、1名がDNSのために全員決勝に進出できる。
練習ではF:PowerBlock1.60 3.50気圧 R:Power Block1.60 3.50気圧 ギア比は38×14で走行した。

予選1
ゲートは3番。セットはF:PowerBlock1.75 3.50気圧 R:PowerBlock 1.75 ギア比は39×14を選択。
スタートは完全に出遅れたがバームとの相性がよく、後半まで足を残しながら漕ぎ続けられた。
1.75でも第1バームのイン側にある逆バンクに乗るとリアが流れてしまった。2位。

予選2
ゲートは8番。セットはF:Siren1.75 3.50気圧 R:MaxDaddy1.75 3.50気圧 ギア比は39×14。
スタートで出遅れたがゲート下のぬかるみや第1バームの逆バンクですべることは無かった。
だがマッドにつかまりプッシュでの加速が悪く、先頭集団に追いつくのは難しかった。4位。


予選3
ゲートは5番。セットはF:Siren1.75 4.00気圧 R:MaxDaddy1.75 4.10気圧。ギア比は38×14。
スタートから滑らずに走行していたが、やはり泥を食いすぎてしまい、スピードが乗らなかった。
38のギアのアドバンテージを活かしきれずにゴールとなった。5位。


決勝
ゲートは1番。滑るが速いセットであるF:PowerBlock1.60 3.50気圧、R:PowerBlock1.60 3.50気圧。
ギア比は38×14で走行し、スタート~第2バームまでに押さえ込む方法をとった。Boysのライダーとは
ポイント換算が違うのでなるべくラインを寄せずにクラス別の優勝を確実に狙っていった。
スタート後第2コースの選手から接触音がした後イン側が空いたのでそのままホールショットを取った。
第2バームを曲がった後にBoysの選手がインから寄せてきたので先行させ、後方に意識を集中させ、
そのまま2位でゴールした。クラス別優勝。


感想雨のセッティングが出ていなかったために今回のようなレース展開になったが、実際には
普段の練習のときに出来ていなければならないことだった。
台風明けのレースで横風が強く、ラインがよれることがあったが、転倒もなく走行できてよかった。
[PR]

by cbrt | 2010-11-05 18:04 | YAMADA
2010年 10月 14日

ジャパンシリーズ最終戦 byヤマダトシロウ

レース参加者のみなさんお疲れ様でした。
東名が集中工事&土曜日が雨天で練習が中止になったりと、いろいろあったレースでしたね。

では、レース内容です。




備考
前日の練習は雨により中止。コースは当日の1時間弱のみの練習となった。だが、コース自体は雨の
影響も少なく、ドライ用のタイヤでも問題なかった。だが、バーム入り口のイン側はほぼ柔らかく、
進入の仕方を考えなければならない。このコースは90度バームが多く、ライン取りが難しい。
アスファルトバームなので攻めながら走るべきだろうと考えた。


予選1
ゲートは7番。このときはゲートに対して右からの風が吹いていた。スタート後にアウトから被せられて、
テーブルトップでペダルできなかった。4位でスタートし、第1バームに進入。インから当てていこうと
思っていたが、前のライダーのリアがスリップし、内側に入ったときに失速、次のビックダブルが飛べず、
そのまま4位でゴールした。

予選2
ゲートは6番。風向きが変わり、ゲートに対して左からの風が吹き始めた。スタート後ミドルの位置を
キープしたまま第1バームでアウトインに切り込み、ビックダブルをインに向かって飛んで第2バームで
2位の選手まで差しにいったが、第3バームで逆に当て返されてしまった。3位でゴール。

予選3
ゲートは1番。スタート後3ゲートあたりまで寄せていき、第1バームをインからミドルへ差していった。
第2バームで同ポイントのライダーを押さえ、さらに2位の選手の動きを読み、後ろから抜きにくく
なるようなライン取りとった。最終バームで2位のライダーに対してラインチェンジをしてゴールで
抜きにいったが、差しきれなかった。3位。

決勝
ゲートは5番。ほか2名のライダーがインによっていたのでミドルを走りながら第1バームでアウトーインの
レーンチェンジをして第2バームにそなえた。第2バームでインーアウトを使って2位に浮上した。
だが、前との距離が開きすぎてゴールまでに追いつくことができなかった。2位。

感想
決勝ではスタートが出れたが、テーブルトップの漕ぎが甘く、先行を許してしまった。
バックサイドまでしっかりと漕ぎぬける技術を身につけたい。
[PR]

by cbrt | 2010-10-14 20:54 | YAMADA
2010年 10月 02日

ジャパンシリーズ第4戦 by山田敏郎

ケガの具合は好調です。
ご心配おかけしました。





備考前日のナイトレース中に転倒、左の踵を負傷した。骨に異常はなかった。当日の天気は晴れ。風はゲートに対して追い風。ギア比は38×14。タイヤはF:power block1.60 4気圧、R:power block1.60 4気圧。予選1人落ち。

予選1
ゲートは2番。足の痛みがあるためにジャンプを飛ばないようにこなしていった。第1バームで2位になり、そのまま2位をキープするように走った。2位でゴール。

予選2
ゲートは5番。スタートで2番手につき、リズムセクションまで2位をつけていた。その後リズムセクションでバランスを崩した際に左足をついてしまった。3位でゴールしたが、踵の腫れはひどくなった。

予選3
ゲートは8番。スタートから第1ストレートまでがんばり、その後は後ろに抜かれないように走った。2位でゴール。決勝進出。

決勝
ゲートは2番。スタートで踏み抜けずに1位の選手に先行された。第3ストレートでつめてリズムから最終バームで抜くためにミドルの相手の内側にいたところ、前の選手がバランスを崩してレーンチェンジをしてきた。そこにフロントタイヤが当たり、転倒してしまった。8位でゴール。

感想
前日のレースを練習とするのなら、もっとしっかりと組み立てて走るべきだった。中途半端な気持ちで走ってたからこそ転倒したし、怪我もした。結果として1番大切なレースに響かせてしまった。さらに、「このヒートは流す」走り方も応援してくれている観客の人たちに失礼だと反省した。

レースも、ケガのせいにしてジャンプを飛んでいかなかったのも悪かったと思う。
痛かろうが無理しようが自分のベストな走り方をきちんとこなすべきだった。
さらにケガから「体が固まってる」とコメントをもらってしまった。もっと吹っ切らないといけない。






最終戦は10月中旬、がんばります。
[PR]

by cbrt | 2010-10-02 00:52 | YAMADA
2010年 08月 27日

JBMXFジャパンシリーズ第3戦

遅れてしまい、大変申し訳ありませんでした。


備考
天気は晴れ。気温は高く、風向きはゲートに対して追い風。コースはドライで非常に走りやすかった。
タイヤはF:power block 1.60 4.80気圧。R:power block 1.60 5.00気圧を使用。ギア比38×14。
予選は1人落ち。

予選1
ゲートは7番。スタートで2位。第1バームで3位の選手に並ばたが、第2バームで刺し返した。
そのままゴールまで2位でゴールした。

予選2
ゲートは6番。スタートで出遅れたがイン側で接触、転倒があったため、第1バームを2位で通過した。
後ろに1人ついていたが、ゴールまで抜かれることはなかった。

予選3
ゲートは1番。スタート後のステップダブルジャンプで転倒。その後立ち上がりゴールした。4位。

決勝
ゲートは3番。池田選手に何とかしてついていき、仕事をさせずにゴールしたかったが、スタートから
逃げられ、最後まで追いつくことが出来なかった。2位でゴール。

反省
ジャンプのテクニックもそうだが、スタートでおいて行かれるのは圧倒的に筋力不足である。
テクニックでいえば漕ぎロールの精度が低かった。

課題
筋力強化。第4戦までにすべての数値を1ランク以上上げる。
[PR]

by cbrt | 2010-08-27 22:53 | YAMADA
2010年 06月 23日

JOSF6月緑山定期戦 byヤマダトシロウ

なんてもったいない俺。
なんてバカなことをした俺。

だけどそれがBMX。




では、レースです。




備考
天候は晴れ。風はゲートに対して左から、午後になるにつれて強くなった。コースは所どころ滑る路面もあったが、比較的乾いていた。よってBMXのタイヤはF:POWER BLOCK1.60 3.15気圧、R:POWER BLOCK1.60 3.50気圧に設定。ギア比は38×14。MTBのタイヤはF:KARMA1.95 3.00気圧、R:KARMA1.95 3.15気圧に設定した。
BMX
予選1
ゲートは1番。スタートで出遅れ、前のライダーについていく形になった。第2ストレートで混戦になったが、クラッシュを避けて後ろに引いてしまった。5位でゴール。
予選2
ゲートは6番。第1バームでアウトに弾かれたが、第2バームでインに入り4位に浮上。そのままゴール。
予選3
ゲートは4番。アウトからジャンプでミドルまで寄せていった。第1バームを外に回ったが4位についたためそのままの順位をキープするように走った。4位。
決勝
ゲートは5番。スタート3番。第1バームで前の選手が寄せてきたのを見てインに切り込み、ホールショットを取った。そのまま第2バームを回った先のダブルでバランスを崩し転倒。2名に抜かれ3位でゴールした。


MTB
予選1
ゲートは2番。第1ストレートで前の選手に挟まれて加速できなかった。3位で第1バームを回り、第2バームを抜けたあたりで4位の選手が大きく遅れてるのを確認して、転倒しないように走った。3位。
予選2
ゲートは5番。スタートが上手く合い、ホールショットを取った。そのまま1位でゴール。
予選3
ゲートは8番。アウトのまま第1バームに侵入してアウトインでまわった。最終ストレート手前で2位の選手と並び、差し切って2位でゴール。

決勝
ゲートは1番。大内のラインを譲らずに2~3コースまでほかの選手を押し出しながら第1バームに侵入、ホールショットを取った。そのあとはミスをしないように丁寧に走った。1位でゴール。




反省
BMXで1位で走行中に単純なミスで転倒した。レース前のイメージトレーニングが不十分で予想外の展開に体がこわばったのかもしれない。甘さが出てしまった。

課題
勝ちパターンのイメージトレーニングのバリエーションを増やす。追われるタイプを複数イメージすること。
[PR]

by cbrt | 2010-06-23 22:33 | YAMADA
2010年 06月 16日

ジャパンシリーズ第2戦

レースおつかれさまでした。

備考
天候は雨。風はゲートに対して向かい風。コースの土はしまっており、所々に深い轍や水たまりがあるがオン用のタイヤ(F:power block1.60、4気圧。R:power block1.60、4気圧)を使用した。予選1人落ち。
ギヤ比は38×14。
予選1
ゲートは3番。スタートでスリップした。5位で第1バームを回った際にインアウトで膨らんできた選手を
よける為にインに切り込んだところ、そのままイン側のタイヤに引っかかってしまい、コースアウト
してしまった。6位。
予選2
ゲートは6番。スタート後のシングルにフロントをひっかけ、4位まで順位を落とす。その後
リズムセクションで前のライダーが転倒し、よけたが後方のライダーが巻き込まれ、後ろから追い上げて
くるライダーはいなかった。3位でゴール。
予選3
ゲートは7番。現在のポイントは9ポイントで、同ポイントの選手が1名、10ポイントの選手が1名おり、
この2名の選手を抑えて走るよう意識した。スタートで2名の選手の前に出て、後ろに意識を集中させ、
前に出さないように走行した。4位でゴール。
決勝
ゲートは8番。スタート後コースがなく7番の後ろにつき、3番でスタートを切ったが、第1ストレートで
4位の選手に抜かれ、4位に後退。その後前の選手に追いつくことができず、4位で終了した。

反省
スタートが遅い。スタートテクニックやギヤ比云々の話ではなく、単純にパワーで負けてるような感覚。
ジャンプが下手。低く飛べていない。ごまかしのジャンプではダメだ。

課題
下肢と体幹の筋力(最大パワー)の強化
レースジャンプの研究
[PR]

by cbrt | 2010-06-16 00:06 | YAMADA
2010年 06月 04日

UCI JAPAN ROUND #1

レースお疲れ様でした。
レポートの更新が遅くて申し訳ないです。



では早速レースです。







備考
当日の天候は曇り、小雨が降り、午後から大雨になる予報の為、前倒しでレースが進行した。
コースは乾いていた。風向きはスタートゲートに対して強い追い風。ギア比は39×14。
タイヤはF:power block1.75 4.00気圧 R:power block1.75 4.00気圧。予選1人落ち。


予選1
ゲートは5番。スタート後第1バームで4位。後ろの韓国人4名は第1ストレートのジャンプが飛        べず、日本チームと大きく差を広げていた。そのまま4位でゴール。


予選2
ゲートは3番。第1ストレートエンドのダブルを飛びすぎてしまい、アスファルトバームと土の境に着地、
転倒してしまった。8位。

予選3
ゲートは6番。ポイントで6位以上を取るこが決勝進出の条件だった。第1ストレートエンドのジャンプを
確かめるように飛び、4位でゴール。

決勝
ゲートは5番。スタート後第1バームを3位で抜け、第2ストレートに入ったが、ビックダブルで失速。
その後前の選手においつくことはできなかった。3位でゴール。



反省
強い追い風にも関わらず、手前で失速したからといって安易に高く飛び出した結果飛びすぎてしまった。面にしっかり合わせられれば転倒もなかった。

課題
どんな風でもきっちり面を合わせられるようにジャンプの練習をする。
ジャンプをより低く飛ぶ練習をする。






転倒のケガは右中臀筋打撲と擦過傷でした。プロテクターをしていて本当にたすかりました。
皆さんもプロテクターはしっかりつけましょう。
[PR]

by cbrt | 2010-06-04 12:33 | YAMADA