<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 26日

JBMXF東日本選手権in上越 by山田敏郎

雨のレースはジャンプが飛べないからキライです・・・。






てなわけでレースだよ。




今回は連日の雨のためコースコンディションが非常に悪く、アクション一つで即転倒につながるようなレースだった。空気圧を落とし、コースのラインをしっかり考えて走行した。ゴーグルは練習ではアンバー、試合ではクリアーを使用した。

予選第1ヒート  ゲートは7番。スタートで出遅れるが、第1バームで大外から捲り3位になる。その後第2ストレートで1人パスし、2位でゴールした。練習時よりコースコンディションが悪化していた為、リアの空気圧を若干落とした。

予選第2ヒート  ゲートは6番。スタート方式をもっと踏み込むように意識してスタートした。だが、ゲートから降りて最初のストレートでリアタイヤがスライドし、上手く加速できなかった。コースコンディションが予想以上のペースで悪くなっているということだ。第1バームではインから寄せられた為、ペダルを止めてラインを譲ったが、第2ストレートでしっかり差し返した。その時点で2位。後方からのラインを塞ぎつつそのままゴールした。

予選第3ヒート  ゲートは1番。このゲートから第1バームへの進入がどういった形になるのかを感じるよう走った。一番ゲートから第1バームまでのラインは走行者が少なく、あまり掘れていなかった為、決勝の走行ラインはインサイドにしようと決めた。2位でゴール。

決勝  ゲートは1番。スタートで1位の選手がもたついた為、自分の走行ラインを守りながら走った。第3ストレートから2位の選手が追い上げてきたため、最終バームではミドルをフルペダルしたが、最終ストレートのリズムで並ばれ、左に曲がるセクションで寄せられてしまい、ペダルすることが出来なくなってしまった。2位でゴール。





悔しいです・・・。



今回の決勝は動画があるよ。

[PR]

by cbrt | 2008-08-26 15:43 | YAMADA
2008年 08月 20日

RED BULL

名古屋の市街地で行われた
アスファルトの上で、木製のランプでコースが作られた
スピードに対してコースが若干小さいものの、ライダーと観客は十分に楽しむことができた大会だった。

練習
公式練習開後すぐに左足かかとを強打して何もできなかった
歩くこともできなかったので、アイシングを予選開始まで行って、出場するかどうか様子をみることにした

予選
とにかく1本を走った。
参加者は50人程度、そのうちに予選通過は32名で、
ギリギリの30位あたりで通過することができた

決勝
足を痛めていて、会場に来ていてから何もしていない状態だったが、1ヒートずつ精一杯走った。気が付くと、セミファイナルまで進んでいて相手はジュンヤだった。
ホールショットをとることができて、最終コーナーまでリードするもTボーンくらった。
痛めていた足側だったので着くこともできず抜かれ敗退。
3-4位決定戦
c0110181_2272772.jpg

勇気と対戦。
ここでは最終コーナーに後手からの進入で、ゴール前のスプリント勝負になった。
あと少し届かず4位で終了した。
c0110181_2232639.jpg

歩けない状況からよく走ったと思う
痛いという感覚はあまりありませんでした
純粋に、たくさんの観客のみなさんの前で走りたくて力が出ました
たくさんの方が応援してくださいました
ありがとうございます
c0110181_2274536.jpg

早く治して次のレースに1日でも早く復帰してみなさんの前で走ります
次回のレースも応援よろしくお願いします
[PR]

by cbrt | 2008-08-20 22:03 | Race Report YUDAI
2008年 08月 19日

Red bull urban X by山田敏郎

レッドブルは適量が一番効きますね。飲みすぎは危険です。


てなわけで行ってきました'red bull urban X'




会場が町のど真ん中の広場にドーンとあるのはちょっと壮観でした。
さすがレッドブルって感じで。

これでMTBレースの知名度も上がるでしょう。
絶対見たことないんだろーなっていうおばちゃんが隣りで「ギャー!!」って言ってたんで間違いありません。


こんな面白い所なんで、写真をいっぱい撮ってこようと思ったら・・・あれ?






メモリースティックが入ってない・・・・・・。




でも木村さんが撮ってくれてました!救世主です。ネオです。



てなわけで練習の様子です。
10メートルって言われていたジャンプですが、実際は5~6メートルくらい?
思ったより小さくて安心というか、拍子抜けというか。
でもあれ以上大きくすると飛び切れなくなってエントリー数減っちゃうからなのかなぁと思いつつ。

とかなんとか言ってる自分のジャンプ、チキンですね・・・。
c0110181_13475031.jpg





決勝32分の1の時の第2バームです。
ここのバームが浅くて何人か吹っ飛んでました。危ないです。
c0110181_13524581.jpg





てなわけでレースだよ。




今回のレースはアスファルトと木製のセクションの組み合わせのため、タイヤは前後6気圧、サスは10気圧まで高めた。ゴーグルはブルーを使用。

予選1本目
  ここではギアを緑山より1枚重くしてスタートした。そのぶんギアチェンジが少なくてすむため、ゲートを下るときの安定感がある気がした。第1バームでのライン取りはミドル~ローを使ったが、もう少し余裕があったと感じた。この時点で予選通過タイムであった為、次は少し攻めることにした。

予選2本目  今回はギアを緑山と同じでスタートした。フロントが上がりすぎると即転倒にも繋がるので、意識して低く強く前に出るようにした。ギアはゲートを下りながら1枚、フラットで1枚変えた。第1バームでのラインはローをしっかり抑えて走った。この方が確実に速いと感じた。タイムは0.5秒ほど縮まったので、本番でもこの方式でいく事を決めた。

32分の1  ゲートはイン側。スタートから相手を大きく引き離し、第2バーム手前までは後ろから攻めてくるような感じもしなかったが、その後第2バーム後のシングルでバイクが斜めのまま進入した時にバランスを崩し、失速。抜かれてしまう。最終ストレートでの加速対決になったが、シングルで焦って上手く加速できず、タイヤ半分ほど負けてしまった。ベスト32で終了。





初めての木製ジャンプ、初めての2Xなどなど今回のレースは初めてづくしで面白かったです。
でも、ミスさえしなければ・・・なんて事を考えているうちはまだまだ表彰台に立つことはできないんだろ~なって思いました。
ミスしないライディングが当たり前になってこその勝利なんだなと。

これからも頑張ります。
応援してくれたみなさん、ありがとうございました。
[PR]

by cbrt | 2008-08-19 13:57 | YAMADA
2008年 08月 14日

4x chanpionship in fujimi

関西からもライダーが集まりプロクラスは21人
予選は8位以内に入りたいところ
インスペクション
主に予選用のタイムアタック用のラインを煮詰めながら走った
トップスピードを出せるところを少しでも長くとれるように走り方を組み立てた
プロセクションをトライしてみたが、うまく飛べず今回のレースではとばない方向でどれだけ走れるか自分なりに予選の状況を考えてインスペクションを終えた

タイムアタック
9位
プロクラスではほとんどプロセクションを飛んでいて、迂回ルートでは1秒以上もタイム差が付いてしまっていた
飛べていれば・・・と タラレバは胸にしまってホールショットを必須に自分に言い聞かせてこれから始まる予選に備えた
1ヒート
シードのため、軽くながしてゴール
2ヒート
ゲートのタイミングが合うものの、向原と横並びで1コーナーに入ったが、アウト側だったので2位の位置をキープした
そのまま3番手には大きく差を付けているものの、コース終盤のプロセクションを飛ばれ抜かれしまい3位でゴール
ベスト16位でレースは終了した

今の自分のレベルでは余裕で飛べなかったプロセクションでやっぱり抜かれてしまった。それ以外はまずまずの出来だたものの何もできず、悔しいレース結果だった。やっぱり、練習の転倒は奇跡的に擦り傷ですんだけどふつうじゃあり得ない。僕は次のレースの為に練習することを選んでいたので、抜かれたことも納得はしている。あのくらいの差を詰められるんだなと少し関心した。いい調子でレースに迎えるように今以上に努力していきます。

応援ありがとうございました
次もよろしくねがいします
[PR]

by cbrt | 2008-08-14 09:05 | Race Report YUDAI
2008年 08月 13日

4X championship by山田敏郎

なんだか夏ですね!

今回も長野の富士見パノラマにある4Xコースにいってきました。


むこうはものすごくのどかです。
もうなんかレースしにきたの忘れるくらい。
c0110181_133750100.jpg



行く途中にはヒマワリも咲いてたよ!
c0110181_13364486.jpg








さて、コースについたらさっさと準備して・・・
c0110181_13383896.jpg









~~~練習で転倒して~~~







レースの時間だよ。


今回のレースではプロセクションが開放されており、何度か練習した。
だが、1度転倒した際に右三角筋部周辺に痛みを感じたため、レース中は飛ばないようにし、ラインもクロスしないよう注意した。ゴーグルはブルーを使用。

予選  練習で記憶が飛んでいて、コースの細かい状況を覚えていないため、とにかくマージンを大きく取り、ライディングを思い出すようにした。結果は17位。

32分の1  ゲートは3番。今回予選1番手の選手が同じモトにいたが、その人は無視。先行させ、後方の選手のラインを塞ぎつつ走るようにした。最終バームで相手がインから攻めてきたが、無難に対処し、2位をキープした。

16分の1  ゲートは4番。大外からのスタートだったが、今回は隣りの選手を重点的にマークしようと思い、スタートで飛び出した後はある程度インを残して寄せた程度にした。その結果マークしていた選手に第2ストレートで並ばれたため、第2バームでペダルを外し、インから押し出そうとしたが、失敗。その後は右三角筋の痛みのため、追うのをやめた。4位でゴール。




えと、朝の練習で痛めた右腕ですが、とりあえず今は腕を固定して安静にしてます。
剥離骨折はなかったです。靭帯と筋繊維を痛めたっぽいです。

なんとか今週末のレッドブルまでには痛みを取りたいです。


ご迷惑をおかけしました。
[PR]

by cbrt | 2008-08-13 13:55 | YAMADA
2008年 08月 05日

midoriyama #7

コースコンディション:ドライ
天気:晴れ
気温が高く、日差しがきつい1日になった
予選
2-2-3で走り終りおえた
いつものようにピークをファイナルにもっていくようにペースをはかりながら走ることにした
今回は黒川の調子がよさそうで、v2は阻止しないといけない
BIKEのフロントスプロケットを35Tに交換してからスタートゲートのタイミングはまずまずで
もう少しフィジカルをあげればベストな状態

決勝
4位
自分は2コースを選び、1コーナーをIN側からホールショットを取る作戦
スタート後、1コーナー手前でミスして3位で入ることになった
その後、2コーナも最終コーナーもインアウトのラインでコーナーに直角に入って仕掛けるも
順位を上げることができず、最終コーナーでは失速しているところをパッシングされ4位でゴールした

トップスピードに乗せることができず、レースに絡むことができずに終わってしまった
終始、パフォーマンスを低いライディングが続いた
スタートのタイミングは悪くないものの、
1コーナーまでのセクションのこなしが遅いのが分かった
MTBエリートクラスの中ではレベルが低いと正直感じた
基本からやり直して、マックスペースでどこまで走れるかを目標に練習をしていきます

応援ありがとうございました。
9月のナイトレースもよろしくおねがいします
[PR]

by cbrt | 2008-08-05 09:16 | Race Report YUDAI