「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 23日

JOSF6月緑山定期戦 byヤマダトシロウ

なんてもったいない俺。
なんてバカなことをした俺。

だけどそれがBMX。




では、レースです。




備考
天候は晴れ。風はゲートに対して左から、午後になるにつれて強くなった。コースは所どころ滑る路面もあったが、比較的乾いていた。よってBMXのタイヤはF:POWER BLOCK1.60 3.15気圧、R:POWER BLOCK1.60 3.50気圧に設定。ギア比は38×14。MTBのタイヤはF:KARMA1.95 3.00気圧、R:KARMA1.95 3.15気圧に設定した。
BMX
予選1
ゲートは1番。スタートで出遅れ、前のライダーについていく形になった。第2ストレートで混戦になったが、クラッシュを避けて後ろに引いてしまった。5位でゴール。
予選2
ゲートは6番。第1バームでアウトに弾かれたが、第2バームでインに入り4位に浮上。そのままゴール。
予選3
ゲートは4番。アウトからジャンプでミドルまで寄せていった。第1バームを外に回ったが4位についたためそのままの順位をキープするように走った。4位。
決勝
ゲートは5番。スタート3番。第1バームで前の選手が寄せてきたのを見てインに切り込み、ホールショットを取った。そのまま第2バームを回った先のダブルでバランスを崩し転倒。2名に抜かれ3位でゴールした。


MTB
予選1
ゲートは2番。第1ストレートで前の選手に挟まれて加速できなかった。3位で第1バームを回り、第2バームを抜けたあたりで4位の選手が大きく遅れてるのを確認して、転倒しないように走った。3位。
予選2
ゲートは5番。スタートが上手く合い、ホールショットを取った。そのまま1位でゴール。
予選3
ゲートは8番。アウトのまま第1バームに侵入してアウトインでまわった。最終ストレート手前で2位の選手と並び、差し切って2位でゴール。

決勝
ゲートは1番。大内のラインを譲らずに2~3コースまでほかの選手を押し出しながら第1バームに侵入、ホールショットを取った。そのあとはミスをしないように丁寧に走った。1位でゴール。




反省
BMXで1位で走行中に単純なミスで転倒した。レース前のイメージトレーニングが不十分で予想外の展開に体がこわばったのかもしれない。甘さが出てしまった。

課題
勝ちパターンのイメージトレーニングのバリエーションを増やす。追われるタイプを複数イメージすること。
[PR]

by cbrt | 2010-06-23 22:33 | YAMADA
2010年 06月 16日

ジャパンシリーズ第2戦

レースおつかれさまでした。

備考
天候は雨。風はゲートに対して向かい風。コースの土はしまっており、所々に深い轍や水たまりがあるがオン用のタイヤ(F:power block1.60、4気圧。R:power block1.60、4気圧)を使用した。予選1人落ち。
ギヤ比は38×14。
予選1
ゲートは3番。スタートでスリップした。5位で第1バームを回った際にインアウトで膨らんできた選手を
よける為にインに切り込んだところ、そのままイン側のタイヤに引っかかってしまい、コースアウト
してしまった。6位。
予選2
ゲートは6番。スタート後のシングルにフロントをひっかけ、4位まで順位を落とす。その後
リズムセクションで前のライダーが転倒し、よけたが後方のライダーが巻き込まれ、後ろから追い上げて
くるライダーはいなかった。3位でゴール。
予選3
ゲートは7番。現在のポイントは9ポイントで、同ポイントの選手が1名、10ポイントの選手が1名おり、
この2名の選手を抑えて走るよう意識した。スタートで2名の選手の前に出て、後ろに意識を集中させ、
前に出さないように走行した。4位でゴール。
決勝
ゲートは8番。スタート後コースがなく7番の後ろにつき、3番でスタートを切ったが、第1ストレートで
4位の選手に抜かれ、4位に後退。その後前の選手に追いつくことができず、4位で終了した。

反省
スタートが遅い。スタートテクニックやギヤ比云々の話ではなく、単純にパワーで負けてるような感覚。
ジャンプが下手。低く飛べていない。ごまかしのジャンプではダメだ。

課題
下肢と体幹の筋力(最大パワー)の強化
レースジャンプの研究
[PR]

by cbrt | 2010-06-16 00:06 | YAMADA
2010年 06月 04日

UCI JAPAN ROUND #1

レースお疲れ様でした。
レポートの更新が遅くて申し訳ないです。



では早速レースです。







備考
当日の天候は曇り、小雨が降り、午後から大雨になる予報の為、前倒しでレースが進行した。
コースは乾いていた。風向きはスタートゲートに対して強い追い風。ギア比は39×14。
タイヤはF:power block1.75 4.00気圧 R:power block1.75 4.00気圧。予選1人落ち。


予選1
ゲートは5番。スタート後第1バームで4位。後ろの韓国人4名は第1ストレートのジャンプが飛        べず、日本チームと大きく差を広げていた。そのまま4位でゴール。


予選2
ゲートは3番。第1ストレートエンドのダブルを飛びすぎてしまい、アスファルトバームと土の境に着地、
転倒してしまった。8位。

予選3
ゲートは6番。ポイントで6位以上を取るこが決勝進出の条件だった。第1ストレートエンドのジャンプを
確かめるように飛び、4位でゴール。

決勝
ゲートは5番。スタート後第1バームを3位で抜け、第2ストレートに入ったが、ビックダブルで失速。
その後前の選手においつくことはできなかった。3位でゴール。



反省
強い追い風にも関わらず、手前で失速したからといって安易に高く飛び出した結果飛びすぎてしまった。面にしっかり合わせられれば転倒もなかった。

課題
どんな風でもきっちり面を合わせられるようにジャンプの練習をする。
ジャンプをより低く飛ぶ練習をする。






転倒のケガは右中臀筋打撲と擦過傷でした。プロテクターをしていて本当にたすかりました。
皆さんもプロテクターはしっかりつけましょう。
[PR]

by cbrt | 2010-06-04 12:33 | YAMADA