Charge Bikes Racing Team NEWS

cbrt.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 30日

4クロスチャレンジ 富士見パノラマ

4クロスチャレンジ#3戦
開催日時:2010/10/16
天気:晴れ
場所:富士見パノラマ

富士見パノラマ開催の2010年最終戦を走ってきました。
天気も安定してよいコンディションでレースがひらかれました。
8月の#2戦のケガから納得行く練習が出来ず、厳しいレースになることが予想された。

公式練習~予選タイムアタックでは、
コースの中盤にあるプロセクションを満足いくレベルでこなせなかった。
そのため予選のタイムアタック終了後、コースに居残り調整することにした。
幸い、昼休みの間でなんとか、感覚のズレを戻すことができ、レースへの気持ちを保つことが出来た。

予選の結果は、よろしくなく後ろから数えた方が早かったはず。
この日、モチベーションが落ちるのであえて確認しなかった。
予選の順位が悪いと、リーグ戦の4クロスは、強敵と当たる確率が高くなるのです。
つまりは、今日一日のレースがファイナルまで厳しいヒートがつづくと、簡単に想像がつくのです。
内心、各ヒートでドラマが生まれるんじゃないかと出走前に、一人ワクワクしていました。
2ヒート目
ここで、勝負かけました。
これから、各ヒート厳しいレースの幕開けです。
全ヒートファイナルのつもりで全力ではしりました。
c0110181_22245663.jpg

3ヒート目
イイメンツです。しびれます。
c0110181_2226516.jpg

ファイナルは、4位でした。
スタートしてから前半では、一時3位まで上がり、2位をパスできるかのポジションにつけられた。
しかし、コース中盤でもう全く足が動かなくなってしまい追い上げの勢いがとまった。
4位のまま、ゴール。

2ヒートが今日の僕にとってのショータイムでした。
それ以外のレースは、ご褒美みたいな物でしょう。
淡々と、何も考えずに走っていました。
c0110181_2227837.jpg

全部のヒートをみんな楽しんでもらえたようなので、てうれしかったです。
足が売り切れなかったら・・・と悔しい結果に終わりました。
今日は、やるべき事はしかりとでき、ベストを尽くせたと思います。
みなさん沢山の応援ありがとうございました。

写真は、AkabaneVisionFILMWeb /UBULOG /I LOVE BMXより頂きました。
[PR]

by cbrt | 2010-10-30 22:22 | Race Report YUDAI
2010年 10月 14日

ジャパンシリーズ最終戦 byヤマダトシロウ

レース参加者のみなさんお疲れ様でした。
東名が集中工事&土曜日が雨天で練習が中止になったりと、いろいろあったレースでしたね。

では、レース内容です。




備考
前日の練習は雨により中止。コースは当日の1時間弱のみの練習となった。だが、コース自体は雨の
影響も少なく、ドライ用のタイヤでも問題なかった。だが、バーム入り口のイン側はほぼ柔らかく、
進入の仕方を考えなければならない。このコースは90度バームが多く、ライン取りが難しい。
アスファルトバームなので攻めながら走るべきだろうと考えた。


予選1
ゲートは7番。このときはゲートに対して右からの風が吹いていた。スタート後にアウトから被せられて、
テーブルトップでペダルできなかった。4位でスタートし、第1バームに進入。インから当てていこうと
思っていたが、前のライダーのリアがスリップし、内側に入ったときに失速、次のビックダブルが飛べず、
そのまま4位でゴールした。

予選2
ゲートは6番。風向きが変わり、ゲートに対して左からの風が吹き始めた。スタート後ミドルの位置を
キープしたまま第1バームでアウトインに切り込み、ビックダブルをインに向かって飛んで第2バームで
2位の選手まで差しにいったが、第3バームで逆に当て返されてしまった。3位でゴール。

予選3
ゲートは1番。スタート後3ゲートあたりまで寄せていき、第1バームをインからミドルへ差していった。
第2バームで同ポイントのライダーを押さえ、さらに2位の選手の動きを読み、後ろから抜きにくく
なるようなライン取りとった。最終バームで2位のライダーに対してラインチェンジをしてゴールで
抜きにいったが、差しきれなかった。3位。

決勝
ゲートは5番。ほか2名のライダーがインによっていたのでミドルを走りながら第1バームでアウトーインの
レーンチェンジをして第2バームにそなえた。第2バームでインーアウトを使って2位に浮上した。
だが、前との距離が開きすぎてゴールまでに追いつくことができなかった。2位。

感想
決勝ではスタートが出れたが、テーブルトップの漕ぎが甘く、先行を許してしまった。
バックサイドまでしっかりと漕ぎぬける技術を身につけたい。
[PR]

by cbrt | 2010-10-14 20:54 | YAMADA
2010年 10月 02日

ジャパンシリーズ第4戦 by山田敏郎

ケガの具合は好調です。
ご心配おかけしました。





備考前日のナイトレース中に転倒、左の踵を負傷した。骨に異常はなかった。当日の天気は晴れ。風はゲートに対して追い風。ギア比は38×14。タイヤはF:power block1.60 4気圧、R:power block1.60 4気圧。予選1人落ち。

予選1
ゲートは2番。足の痛みがあるためにジャンプを飛ばないようにこなしていった。第1バームで2位になり、そのまま2位をキープするように走った。2位でゴール。

予選2
ゲートは5番。スタートで2番手につき、リズムセクションまで2位をつけていた。その後リズムセクションでバランスを崩した際に左足をついてしまった。3位でゴールしたが、踵の腫れはひどくなった。

予選3
ゲートは8番。スタートから第1ストレートまでがんばり、その後は後ろに抜かれないように走った。2位でゴール。決勝進出。

決勝
ゲートは2番。スタートで踏み抜けずに1位の選手に先行された。第3ストレートでつめてリズムから最終バームで抜くためにミドルの相手の内側にいたところ、前の選手がバランスを崩してレーンチェンジをしてきた。そこにフロントタイヤが当たり、転倒してしまった。8位でゴール。

感想
前日のレースを練習とするのなら、もっとしっかりと組み立てて走るべきだった。中途半端な気持ちで走ってたからこそ転倒したし、怪我もした。結果として1番大切なレースに響かせてしまった。さらに、「このヒートは流す」走り方も応援してくれている観客の人たちに失礼だと反省した。

レースも、ケガのせいにしてジャンプを飛んでいかなかったのも悪かったと思う。
痛かろうが無理しようが自分のベストな走り方をきちんとこなすべきだった。
さらにケガから「体が固まってる」とコメントをもらってしまった。もっと吹っ切らないといけない。






最終戦は10月中旬、がんばります。
[PR]

by cbrt | 2010-10-02 00:52 | YAMADA