2009年 03月 18日

midoriyama#3

緑山
公式練習~予選
今日の一日のでベストを尽くすこと、このレース用に練習した物をレースで試すことを考えながら試走した。
そして、自分らしく走ること。
d0016325_20564917.jpg

ゲートのタイミングがいい感じだったので数本で終了した。
予選では、コーナーで詰まることが多く調子があがっているのをキープすることに専念。

決勝
5位
ゲートグリットは、7コースしか残っておらず自動的に選択せざるおねなかった。
スタートのタイミングはイイ感じで切れた。
d0016325_20551851.jpg

1コーナーまでトップ集団のミドルラインの位置で走るも、
今にもクラッシュが起こりそうな空気が張りつめていたため、
コーナで一瞬様子をうかがったのでペースダウン。
d0016325_20554353.jpg

ライン取りを変更する瞬間に先頭が単独でクラッシュし自分はブレーキをするしかなかった。
転倒は免れるもその後の挽回が届かず5位でゴール。
d0016325_20561236.jpg

結果は5位だけれども、自分としてはスタートのスタイルが固まり自信を持ってトリガーを引けるようになったのがこのレースの収穫だった。
一番のネックだったものが得意になるかもしれないワクワクが今あります。
1丁でも重いギアを踏めるようになりたい・・・
<画像はウブログから提供していただきました>


応援ありがとうございました。
次のレースは、相模湖でショートダウンヒルがあります。
それでは。
[PR]

# by cbrt | 2009-03-18 12:56 | Race Report YUDAI
2009年 03月 18日

関東オープン 動画 by山田敏郎

関東オープンMTB決勝の動画です。

7番ゲート(1番左)が僕です。







こうして見てると、第2ストレートの転倒者をみんなうまくよけてますね。

ていうかゴール後コケちゃってます。。。
[PR]

# by cbrt | 2009-03-18 02:03 | YAMADA
2009年 03月 16日

関東オープン by山田敏郎

レースお疲れ様でした。
心配していた天候も回復し、コースもレース開始時にはかなり良いコンディションになっていました。

今回僕は右膝の靭帯損傷(1週間前の病院での診断による)のため、MTBのみのエントリーでした。








レースだよ。



備考今回は膝の靭帯を痛めているため、BMXにエントリーせず、試走も行わなかった。膝はキネシオ及びテーピングで固定、もし痛みが出た場合は即中止。という手段をとった。ゴーグルはブルーを使用。

予選1ヒート  ゲートは5番。スタートでゲートにヒットしてしまった。第1バームのライン取りで3位に浮上したが、最終バームで抑えられてしまった。4位でゴール。
予選2ヒート  ゲートは1番。第1バーム出口で2位。第3ストレートの途中で後方で転倒のような音がしたのを感じた。そのまま2位でゴール。
予選3ヒート  ゲートは7番。4位以内に入ることを目標にした。スタート3位を守って走った。3位でゴール。

決勝  ゲートは7番。スタートからイン側が上手く開かないまま第1バームに侵入したので、アウトからミドルのラインを取った。右と前で接触があったので、その隙をついて前に出た。第2ストレート入口で転倒者があったので、アウトに避けながらジャンプしてかわした。2位まで浮上。その後1位を掴むことができず、そのまま2位でゴールとなった。





・・・2位になっちゃいました。
c0110181_055477.jpg



これからしばらくの間、ヒザの治療のために自転車レースをお休みします。
[PR]

# by cbrt | 2009-03-16 00:56 | YAMADA
2009年 02月 17日

midoriyama #2

2月なのに、シャツ一枚でいられるくらいに暖かく夏びよりの緑山。
金曜日に、熱がでていたために当日のコンディションがとても心配でした。
太陽も走れ!と応援してくれているのかな。
今日は、脇目もくれず一生懸命に走ることしか思いつかない一日のスタートでした。
エントリー人数は、7名。
クランクをXTからセイントへ変更。
スタートゲートは、ABA方式で普段のランダムゲートではありません。
c0110181_12433227.jpg

公式練習~予選
事前のコース解放でもABA方式のゲート練習時間だったのですんなりと
スタートを切ることが出来ていたためタイミングを合わせる程度でそうそうに終了した。
淡々と走しった。とにかく、周りよりも集中して雑念を払うように。
つまらなくも感じるも今日は、そんな日でした。
予選は、2位で通過した。
決勝
グリットは、2番を選択した。
右となりには、ジュンヤ。第一コーナーはあまり良くない入り方をして八方ふさがり状態だった。
その後も集団のまま走っていた。
第2コーナーでチームメイトのジャンプで失速していたのをパスし
気が付くと3位に浮上していた。そのままキープしてゴール。
c0110181_12434465.jpg

1月のレースからあっと今の2月のレースだった。
なにも出来ていない自分がいて気持ちは、負けないように普段よりも必死に走っていたともう。
周囲から言われていること・・・8月のレースでリザルトに残せるようにスタートさせます。
これからも応援宜しくお願いします。
[PR]

# by cbrt | 2009-02-17 22:12 | Race Report YUDAI
2009年 02月 16日

緑山定期戦 by山田敏郎

花粉がすごいですね!

今回はBMXが新車になりました。
(ていうか当日に届きました)

そのへんの画像は僕のブログに乗せるのでチェックしといてくださいな。






てなわけでレースだよ。

備考
コースの状況は良く、風もおだやかだった。だが、花粉で目と喉が痛かった。
ゴーグルはブルーを使用。ゲートはABAスタイル。

MTB
予選
スタートが上手く決まらず、第2バームで攻める方法をとり、特に他の選手のラインを意識して
走行した。1人落ちのため、最下位にならないように注意しながら走った。
決勝
ゲートは5番。 スタートから第1バームミドルを狙って走った。3位で第2ストレートに進入し、
トリプルをジャンプしたが、ゲシってしまい、失速。4位に後退してしまう。その後抜く機会がなく、
そのまま4位でゴール。

BMX
予選
スタートが安定せず、ゲートにヒットするのが多く、他の選手の隙をついて攻めた。
他の選手の転倒もあったが、上手く避けて決勝へ進んだ。

決勝1ヒート ゲートは8番。スタートで押し出されて8位。第2バームで1人押さえ、更に最終バームで1人抜いた。6位でゴール。
決勝2ヒート ゲートは3番。最終ストレートでの転倒に巻き込まれてしまい、7位。
決勝3ヒート ゲートは5番。スタート7位。第2バームで1人抜き、そのままゴール。6位。



筋力増強を目指します。
[PR]

# by cbrt | 2009-02-16 22:22 | YAMADA
2009年 02月 08日

講習会お疲れさまでした。

c0110181_2057199.jpg

本日2月8日は、緑山にて講習会の講師をやらせていただきました。
初級者、中級者ともにケガ無く終了できて感謝いたします。
短い時間ですのでポイントを絞って行いました。
c0110181_20574053.jpg

子供達の真剣な眼差しに、こちらも時間を忘れてアドバイスしてしまいました。
c0110181_2058162.jpg

何を取り組むにも最初が肝心です。
早く一人前にジョイライドが出来ること、僕たちと一緒のクラスで走れることを願っています。
ありがとうございました。
※画像はアカバネビジョン様よりいただきました
[PR]

# by cbrt | 2009-02-08 20:52 | YUDAI
2009年 01月 28日

midoriyama #1

2009年の最初の緑山です、よろしくおねがいします。
天気晴れ、気温も高く走りやすい状況。

予選(5-2-3)3位通過
路面の状況はまずまずの状態。グリットによってコンディションの違いが大きくでていた。
1ヒート目からスタートの瞬間がうまくいくものの1コーナーに向かってスピードが乗らなかった。
周囲のライダーの調子は、あまりよくないようにも見えた。
エリートクラスは、6人のエントリーで荒れることはなかった。
コース上でちょうどよくバラける感じで3本をこなした。

決勝 4位
4番ゲートを選択。
スタートのタイミングが合い、悪くないポジションで走る。
最初のシングルのこなしを失敗してしまい先頭集団より遅れた。
すぐに全開で巻き返すもそのままの状態で絡めず4位でゴールした。

とても後味の悪いレースになってしまった。
12月からピストに乗り始め、ペダリング力も向上しているにもかかわらずこんな結果になってしまい悔しい。
腰の調子がよくならず、ハイパワーの練習に無理があったり、
普段の体調管理で調子を整えられていなかった。

今年は、フィジカルを整えてパワーアップを図りたいと真剣に思った。
長く乗るためにも、今のリザルトをあげるためにも。
少したるんでいました。すみませんでした。
もっとパワフルに走れるようにします。
応援ありがとうございました
c0110181_23263642.jpg

[PR]

# by cbrt | 2009-01-28 23:25 | Race Report YUDAI
2009年 01月 27日

緑山オープニングレース by山田敏郎

09のレースがスタートしました。

そーなると、やっぱりジャージも新しくなります。
なりましたよNEWジャージ。
c0110181_1612919.jpg




いつこれが泥だらけになるか楽しみでなりません。





ってなわけでレースだよ。





MTB
予選第1ヒート ゲートは3番。スタートでぶれて隣の選手のタイヤに接触してしまい、6位でスタート。その後第2バームでアウトインのラインを取り、6位の選手をパスした。5位でゴール。
予選第2ヒート ゲートは7番。スタートでアウトからインへ大きくラインを詰めた。3位で第1バームを周り、そのままゴール。
予選第3ヒート ゲートは6番。スタート4位。第3バームで体をあてられたが、譲らなかった。4位。
決勝 ゲートは1番。スタート3位。インサイド第1バームで2位のタイヤに接触しそうになった為、後退した。その後は後ろから抜かれることはなく、3位でゴールした。

BMX
予選1ヒート ゲートは4番。スタートで出遅れる。6位。第1バームでラインを抑えて5位に浮上。ゴールライン上で1人指し、4位でゴール。

予選2ヒート ゲートは8番。スタート~第1バームでミドルにラインを変えた。第2バームを利用して順位を上げ、最後までキープした。3位。
予選3ヒート ゲートは2番。スタートで若干出遅れたが、インサイドにいたので強引に攻めていった。4位。
決勝1ヒート ゲートは7番。スタートで後退してしまい、第2バームでインサイドから2人を抑えようとしたがそのときにハンドルが絡んだ選手の衣服に引っかかってしまい、コースを大きく外れてしまった。8位。
決勝2ヒート ゲートは4番。スタートで隣の選手が転倒したが、巻き込まれなかった。5位でスタート。後方の選手は全員転倒してしまっていた。
決勝3ヒート ゲートは1番。スタートでからインを守ったが、第1バーム手前でラインを抑えられ、後退してしまう。前の選手を最後まで追ったが、指し切れなかった。7位。




最近セミフラットタイヤを利用する人が増えてきてますが、マッドタイヤは必ず用意するようにしましょう。何人か用意してないパンクでロックな人たちがいましたが、とっても危ないと思います。
[PR]

# by cbrt | 2009-01-27 16:49 | YAMADA
2009年 01月 22日

ダイナコカップ #1相模湖

今年初レースは小雪の混じる中相模湖ピクニックランドで行われました。
コースは短く30秒くらいでフィニッシュでき、若干の変更ありで今回のハイスピードテクニカルでした。そして僕は、相性にいいコースなのでダウンヒル組みには負けないつもりでレースに臨みました。
このレースは、2本のタイムで争われます。このルールがドラマを生むとは・・・
1ヒートは、少々ミスもありながらひとまず1位。そのほかの優勝候補のライダーは、ことごとく転倒してタイムにダメージを与えている情況。ルールが1本勝負だと思っていたところ、合計タイムだと知って転倒したライダーたちの表彰台は難しくなった。

2ヒート目そのまま、大人気ない走りで1ヒート目のタイムよりも1秒も行かない程度遅くゴールした。自分が走り終えたとき、無傷でタイムを刻んでいたジュンヤだけが候補として残っていた。最終走者が走り終え、表彰までリザルトを待つことになった。

久しぶりのわくわく感を味わい発表の瞬間.....2位で呼ばれた。
0.3秒負けていた。あと少しだったのに、正に頑張りが足らなかった。
勝てなかったのも悔しかったが、自分に負けたのが悔しかった。

このレースだけで言うと2ヒート目のライバルは自分だった。
追いかけるほうがなんて楽なんだと気がつき、
今回の運営を取り仕切った亮君の偉業を改めてしった。

2位は悔しさでは優勝に値するんですね。
今年初レースでいい経験ができた。
応援ありがとうございました。次のレースも応援よろしくお願いします。
[PR]

# by cbrt | 2009-01-22 12:53 | Race Report YUDAI
2009年 01月 19日

ダイナコカップ by山田敏郎

あけましておめでとうございます。


えー。初めてのDHの大会へ行ってきました。
09BLENDERのお披露目大会でもありました。


っていうか今回びっくりしたのは、「ブレンダーがいっぱいいる」ってことです。
c0110181_22222223.jpg


これ全部そうです。びっくりです。感謝です。
(ちなみに真ん中のは僕のです。でもそれ以外はお客さんのです。)







・・・まぁそんな感じでレースだよ。




備考 コースは粘土質で、一部が凍っており、溶けた部分は非常に滑りやすかった。ゴーグルはブルーを使用。

1本目 ライディング中は「何も考えないように」心がけた。スリップに素早く対応する為だ。試走時よりコースが乾いて走りやすかった。だが、8つ目の右に曲がりながらのドロップオフでインサイドに飛びすぎてしまい、コース外へ飛び出してしまった。33秒でゴール。

2本目 1本目よりもコースは全体的に乾いてきたが、後半の1部が非常に滑りやすくなっていた。1本目の飛び出したセクションが今度は非常に滑りやすくなっていた為、そこだけは試走とラインを変えて走行した。だがそこで若干失速してしまい、タイムに響いてしまった。26秒でゴール。





今回は同じセクションで失敗してしまいました。残念です。
これからは「難しいセクション」が「難しくないセクション」になるように努力します。
[PR]

# by cbrt | 2009-01-19 22:30 | YAMADA