Charge Bikes Racing Team NEWS

cbrt.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 20日

JOSF 緑山4月定期戦

最近前日に雨が多いですね。
では、レースです。


備考
前日の雨によりコースが濡れていた。だが出走時間には乾くと予測し、タイヤをドライ用
(F:POWER BLOCK 4.25気圧、R:POWER BLOCK 4.60気圧)にセッティングした。さらに来週の
全日本選手権に備えて、あえてギア比を39×14(通常は38×14)とした。予選1人落ち。

予選1ヒート
ゲートは2番。スタートで出遅れたため、第1バームでミドルレンジをしっかりと踏み、第2ストレートで
他の選手を抜きにいった。第2バームを回った時に4位。ゴールで前の選手に並んだが、4位のままだった。

予選2ヒート
ゲートは5番。第1ヒートと同じラインどりを狙って走行した。第2バーム5位。そのままゴール。

予選3ヒート
ゲートは8番。大外からのスタートなので、第1バームでアウトインのラインを意識して走行した。
全員がアウトに向かって失速する間を抜けて3位い浮上。そのままゴール。

決勝
ゲートは6番。今回はギア比が重く設定しており、スタートで出れずに混戦になるのを避けるためと、
第2ストレートから第2バームでほかのライダーを抜くためのラインを通りやすくするために大外を選択した。
スタート後すぐ左のライダーがインに寄らずに第1バームに入ったため、第1バームの途中でインに入り、
第2ストレートで前のライダーに並び、第2バームでアウトから捲って2位。そのまま2位でゴール。





反省
たとえ混戦でペダルを踏まなければいけない状況でも、ロール、ジャンプはきちんとこなすべきだと思った。
予選2ヒートで前の選手と並んだ時に焦ってペダルを踏むことに集中してしまい、結局コブにはねられて
加速出来なかった。あの場合、漕ぎロール等のテクニックを使うべきだったと思う。


課題
テクニックの幅を広げる。練習の時にもっとさまざまな事をやってみる。




今回のレースでチームメイトがMTBエリートで優勝しました。
僕も負けないよう努力します。
[PR]

by cbrt | 2010-04-20 23:15 | YAMADA


<< JBMXF第26回全日本BMX...      緑山4月定期戦 >>