Charge Bikes Racing Team NEWS

cbrt.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 27日

JBMXF第26回全日本BMX選手権大会

優勝しました!
ありがとうございます!


では、その内容です。

備考
土曜日、日曜日共に天気は晴れ。風は弱く、風向きはゲートに対して追い風。金曜日までの雨にも
関わらずコースの状況は良く、オンタイヤ(F:R共にPOWER BLOCK)を選択できた。ライダーは5名。
予選は1人落ち。決勝はコース選択制。F:4.35気圧、R:4.80気圧。ライバルが先週から走りこんでいる為、自分の得意なセクション(第1、第3ストレート)を決め、そこを生かすように意識して走行した。


予選1ヒート
ゲートは5番。スタート後のシングルに引っかかりその後のダブルジャンプが飛べなかったが、周りの
ライダーも失速していて飛べなかった為、ホールショットを取ることが出来た。途中で後続が
追うのを止めたため、1位でゴールした。

予選2ヒート
ゲートは1番。第1ストレートをインべたで走行し、第1バームを深いインアウトで走行してみたところ、
ミドルを漕ぎぬけてきたライダーに先行された。第2ストレートで前のライダーのインサイドを走行したら
前がよろけて斜行してきたのが見えたが逃げられず、転倒、後続を巻き込んだ。急いで起き上がり
ゴールまで走ったところ、3位となった。右腰、右足にダメージが残る(打撲)

予選3ヒート
ゲートは7番。先ほどのヒートで第1バームをアウトミドルで先行されたので、自分もアウトから捲ってみた。
結局インから入ってきたライダーにぶつかる形になってしまい、漕げなかったが、収穫はあった。
第1バームは漕ぎをかける相手を意識してクロスすれば、かなりの確率で相手は大きく減速するか
コースアウトしてしまう点だ。第3ストレートで抜き返したが、決勝のポイントで相手のインからスタート
したかった為、減速して2位でゴールした。

決勝
ゲートは予選1位の選手が3ヒートを選択したため、1番ゲートに入った。スタートで出遅れて寄せられたが
30センチほどラインが残っていたため、高く飛んで相手に接触するのを避けながら第1バームを回った。
相手のすぐインについて2位のライダーをコース外に追い出すように回ったが、途中で相手を逃がして
第2ストレートで相手にアウトから抑え込まれてしまった。そのまま我慢してついていき、第2バームで
インから差しにいったところ、肘を抑えられバランスが崩れて足をついてしまい、減速。そのままリズム
セクションに入り、足が外れたままロールをして再加速した。最終バームでペダルをつけ直し、最終
ストレートのジャンプを(相手はレースでは決して飛ばない深いダブルジャンプ)飛び、相手の真後ろに
追いつき、2つ目のダブルで空中で斜めに飛んで相手の前に出た。そのまま差し切り、1位でゴールした。



感想
最後まであきらめずに攻め続けたからこそ今回の勝利があった。スタートで出遅れたのも意識して第1
ストレートを練習していたためにカバーすることが出来た。土日の短い時間だったが自分の得意、不得意を
決めて勝負したのは正解だったと思う。欲を言えば決勝まえに吐き気を催すほど緊張してしまった自分の
メンタルを強化して、パフォーマンス向上と安定に繋げたい。





応援ありがとうございました。
これに驕らずに精進を続けます。
[PR]

by cbrt | 2010-04-27 03:32 | YAMADA


<< 5月定期戦      JOSF 緑山4月定期戦 >>